http://www.littledogpress.com/
このエッセイは、最初はクレヨンハウスの月刊「音楽広場」に書いたもので、現在は「リトルドッグプレス」のホームページに連載しています。それをこちらでも見られるようにしました。今までおもちゃのついて書かれたものは多く『白木の温もりの手作りのまごころ』のように情に流れるか『○○力を育てるにはこういうおもちゃがいい』式のガイドブックです。そうではなく、きちんとしたおもちゃ批評を確立したいと思っています。
ここは、作品を作る過程で、また、日常の中で思いついたことを、書きとめているページです。また、急ぎの情報などもここで紹介します。
集英社の「最強ジャンプ」の最新号に
「ドラゴンボール」のおはなし迷路を書いた。
掲載号入手。
自分がこちら方面の雑誌に書くことになるとは
思わなかったのでなんだかおかしく楽しい。
甲府でやっている映画「アウシュビッツリポート」を見に行く。
以前行ったアウシュビッツの収容所そっくりで
とても緊迫感のある映画だった。
客が二人しかいないのは悲しい。
コロナのせいで首都圏や日本各地に
緊急事態宣言が出ておさまらない。
秋のイベントも次々キャンセルになった。
仕方ないことだけれど。
群馬の富岡まで日帰り。
まだ小学校が始まらなくて
退屈している紅を乗せていく。
午前中、名古屋の市原千明さんとズームで対談。
手製のおもちゃを画面で見てもらいながら
いろいろ話す。
この対談は仮説社の「たのしい授業」の12月号の
もとになるらしい。
紅を連れて
映画「ジャングルクルーズ」を見にいく。
ディズニーの実写のアマゾン川のジャングルの冒険の話。
もちろん吹き替え。
紅は今まで映画館で見るのは
どらえもんやポケモンの
アニメばかりだったらしい。
こわいシーンはなかったけれど
蛇がたくさん出てきたのはまいった。
夏が終わった。
どこにも行かなかった。
前半が暑くて後半は雨ばかり。
そのうち前半の暑さは忘れてしまった。
オリンピックはあったにしろ
なにもなかった夏という印象の方が大きい。